提携リフォームローンの金利はどう?

提携ローン

リフォーム工事を行なう際、資金をすべて現金で準備できないときには、金融機関が扱うリフォームローンを利用することがあるかと思います。

最近は中古住宅を購入したあとにフルリフォームをしたり、年齢を重ねても住みやすい家にするためにバリアフリーリフォームをするなど、以前に比べると住まいにリフォームをして、長くその家で暮らすという方が増えていることもあってか、リフォームローンにもさまざまなタイプのものが登場しています。

リフォームローンには、銀行系の有担保型・無担保型、またクレジット会社系のものなどがあり、それぞれ金利や特徴が大きく異なっています。

銀行の有担保型のものは担保を取る分、比較的金利が低く設定されていて、金利については短期固定金利型もしくは変動金利型が多くなっています。

逆に銀行の無担保型のものは、有担保型のものと比べると金利がやや高めで融資限度額も少なめ。

金利については多くが短期固定金利型もしくは変動金利型となっています。

また、どちらのタイプも申し込み手続きから審査を経なければならず、時間的な余裕を持って申し込み手続きをしなければなりませんし、場合によっては希望通りの金額を融資してもらえないようなこともあります。

もしこんな風にリフォームローンの申し込みで困ったことがあったら、リフォーム業者の提携ローンを利用してみるという方法もおすすめ。

提携ローンとは、リフォーム工事会社や不動産会社などが金融機関と連携し、提携金融機関の保証のもとに成り立っているローン商品で、ある程度審査内容に融通が効くため審査がスムーズであったり、優遇金利がつく場合がある、また手続きを業者が代行してくれるのであまり手間がかからないといったメリットがあります。

他のリフォームローン金利が高いと迷っている場合や、希望満額融資が受けられず困っているような場合には、とても頼りになる存在になってくれるのが、この提携ローンなんですよ!

しかし、残念ながらメリットばかりではありません。提携ローンはローンを組む際に提携先の金融機関で口座開設をしなければならない、給与振込先を提携金融機関に変更しなければならない、などの条件がつく場合があります。

また、最初からリフォームローン金利のタイプや返済方法などが決められていることが多いので、選択の余地がありません。

さらに意外と事務手数料が嵩むことがあるなど、コスト面で負担が大きくなることもあるようです。

またリフォームローン金利についても、提携ローンが最も有利だというわけではない場合もあるので、選択の幅がある場合にはきちんと比較して有利なものを選ぶようにしましょう。

リフォームローン金利比較ランキング!2017年4月最新版