リフォーム予算はどれくらい必要?

予算

長い間住み続けていると、少しずつ傷みが目立つようになる住まい。最初は新しかった住まいも、住み始めて10年も経つと水回りの設備や給湯器、配管などに不具合が生じやすくなってしまいます。

また10年も経つと家族構成やライフスタイルが変化し、それまでの間取りや設備では家族全員が快適に生活できなくなってしまうこともあるでしょう。

そうしたことから、最近は住み始めてから10年ほどでリフォームを行なうというケースが増えています。

たった10年でもうリフォーム?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、じつは10年単位でリフォームによるメンテナンスを行なうことが、住まいを長持ちさせる秘訣。

築20年を経過すると、住まい手の世代交代が進んでくるようになりますが、それと同時に屋根や外壁、土台などの住まいの構造部分の傷みも進むようになります。

その際、築10年できちんとメンテナンスをしておけば、築20年前後で建物の総点検をした際に大がかりな改修工事を避けることができたり、設備の交換時期を遅らせることができるかもしれません。

また、同じ暮らすのであれば家族みんながより快適な環境で暮らす方がいい、今よりも一層省エネに貢献できる設備や住まいに変えたい、というような理由から築10年を待たずにリフォームされる方も増えています。

では、このリフォーム工事にはどのくらいの予算が必要になるのでしょうか。築10〜20年の標準的な戸建て住宅をリフォームする場合には、点検及び補修や白アリ対策などで50万円程度、給湯器の配管と機材の交換で30万円程度、外壁や屋根の塗装や防水処理を行なう場合は150万円程度、また水回りの設備交換には100〜300万円程度がそれぞれ必要になります。

どの部分をどの程度リフォームするかにもよりますが、これだけまとまった金額が必要になるのであれば、すぐに現金で準備できないという方も多くいらっしゃるでしょう。

まずはリフォーム業者と相談して見積もりを取り、準備していた資金で賄えそうになければ、リフォームローンの利用を検討してもよいかもしれません。

こうしたローンにはさまざまなものがあり、リフォームローン金利や手数料などは取り扱う金融機関によってかなり違っています。

手持ちの資金があまりない場合でも、リフォームローンを活用すれば家族がより一層暮らしやすい住まいを手に入れることができます。

リフォームローン金利の低いものや手数料などが低設定になっているものを上手に選んで、無理のない返済が続けられるプランを立てることができれば、きっとリフォームは成功するはずです!

リフォームローン金利比較ランキング!2017年9月最新版